【サトルエネルギー学会の活動について】
サトルエネルギー学会は、「物質や生体のもつ微細エネルギーを、産・学・官の協力のもとに究明し、新しい科学と産業を育成することにより、地球環境の保全と、人類の未来に貢献すること」を目的に1995年に設立されました。活性水やヒーリングの現象解明、微弱エネルギーを利用した新科学の工業及び農業への応用、医療への応用など、幅広い分野で活動しています。

サトルエネルギー学会は如何なる政治団体、宗教団体にも属さない非営利団体です。
詳細はサトルエネルギー学会ホームページをご覧下さい。

2019年09月05日

9/5(木)【サトルサロン】自己治癒力 スイッチ、オン か!

風天顔写真R1.8.1.png講師:重川 風天(しげかわ ふうてん)
   (有)気吹 代表取締役、風大和研究所 顧問、サトルエネルギー学会会員
  
令和1年9月5日(木)18:30〜20:30
 当初8月1日でしたが、夏休みの影響もあり参加者が少ないので延期しました。波動エネルギーの関わる貴重な体験談でもありますので、皆様のご参加を期待申し上げます。

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
◇観瀬音(かんせおん)の響き
大筒とステレオの組み合わせで細胞に響く音になりました。クラシック音楽、今はベートーヴェンの交響曲と取り組んでいます。細胞に響きが入り込んで来るのです。この響きを聴いた人は、誰もが、「こんなベートーヴェン、こんなクラシックは初めて!」と目を閉じて味わっています。
私、風天も、演歌歌手の三橋美智也や都はるみのファンだったのですが、ベートーヴェンに心変わりしてしまいました。
◇体調に変化が起きる
「観瀬音の響き」によって、腰や膝の痛みが和らいできた。体のだるさが無くなった。頭がスッキリした。など、ほとんどの人が体感できます。イベントや勉強会には、「観瀬音の響き」の装置を持ち込み、みんなで響きの分かち合いをしたいと思っております。

<講師のプロフィール>
(有)気吹 代表取締役  風大和研究所 顧問
昭和19年生まれ。新潟出身。真冬の滝行や断食、インドで釈迦の聖地を巡礼、仏教、キリスト教、生長の家、神道等々を体験。苦行や宗教はまったく不要と思っています。知花敏彦先生に真理を学び、真我になるため、自分が初めから神そのものと認めるための瞑想を続けている。この空の中に全てのものがあることを知り、それをこの世で使うためのエネルギー研究を行っている。
著書「誰でもが幸せになる プラチナの風が吹く」「雑念が湧かない愛の瞑想法」「知花先生に学ぶ 風天のおもしろ話」「この世の錯覚とカルマ解消法」「神はやさしい科学」「潜在意識が 今 動き出す。」

申込 サトルエネルギー学会事務局相模原分室
    office@subtle-eng.com または、FAX(042-748-8240)
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | サトル・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

7/4(木)【サトルサロン】いのちの仕組み−人体場の構造・諸医療の役割と今後−

石原克己顔写真.jpg講師:石原 克己(いしはら かつみ)
  
令和1年7月4日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
人類史始まって以降、病理学は、鬼神病理、固体・液体・気体場病理、意識場病理学など多様性を極めてきたが、これらを統合する立体的道標がなかった。
今回は、鍼灸・漢方・ハンドヒーリング・心へのアプローチを導入した臨床から観察・洞察できた人体場の構造〔五階層(体・情・魂・霊・神)も含む〕を諸疾患(うつ・癌なども含む)、人の一生(生老病死)、自我から神我の視点も踏まえて下記の内容でお話ししたい。
1.諸医学の比較  2.何故病み、治るのか  3.治療とは  
4.歓喜な日々を生きていくために  5.五階層からのアプローチ
6.医療のこれから

<講師のプロフィール>
・東明堂石原鍼灸院、漢方薬局代表取締役、東京九鍼研究会会長、日本刺絡学会副会長、日本中医学会評議員、社団法人 中華身心整合学会栄誉顧問、NPOユー・アイ・クラブ医療顧問、東京衛生学園専門学校講師、東洋鍼灸専門学校講師、白川学館門人 など
医療の根本は「人体が本来持つ自然治癒力を引き出し、治癒の過程を手助けすることにある」という考えのもと、鍼灸・漢方などの伝統医療、レイキ、ポラリティなどのハンドヒーリング、心へのアプローチから科学機器を利用した医療に至るまで、多彩な療法で、いのちの本質へのアプローチを促している。著書『伝統医療のこれから』、『ビジュアルでわかる九鍼実技解説』、『いのちの仕組み』など。

申込 サトルエネルギー学会事務局相模原分室
    office@subtle-eng.com または、FAX(042-748-8240)
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | サトル・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

6/6(木)【サトルサロン】植物とのエネルギー交換を体験するセミナー

宮崎貞行先生1.jpg講師:宮崎 貞行(みやざき さだゆき)
  
平成31年6月6日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
イタリアで、草花の発するバイオレゾナンスを可聴域に変換する装置が開発されました。
これを用いて、草花の歌声を聴いたり、人と草花とのエネルギーワークを行ったり、また二人の人の生体電磁波を交流させたりすることが可能であることが分かりました。
当日は、皆が手をつないで植物と交流するときの歌声を聴くなど、実際に体験していただきます。
また、ユキのあかりさんに、植物からのメッセージを通訳していただきます。
うつ病や、ストレスからの解放の可能性が一つ広がってきたようです。
この日は、神秘的な驚きの夕べとなることでしょう。

<講師のプロフィール>
昭和20年生まれ、官庁に奉職したあと、大学教授として危機管理などを研究。現在は、日本人の魂を振りおこす作法と神学を探求している。
著書『アワ歌で元気になる 』、『天皇の国師』、『宇宙の大道を歩む』、『寄り添う皇后美智子様』など。

申込 サトルエネルギー学会事務局相模原分室
    office@subtle-eng.com または、FAX(042-748-8240)
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | サトル・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

4/4(木)【サトルサロン】体・心・魂を一体に癒す未来の医学 ZENホメオパシー

横浜顔写真.jpg講師:横浜正毅(よこはま まさき)
 日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)理事、JPHMA認定ホメオパス、JPHMA ZENメソッド習得認定者 、JPHMA認定アニマルホメオパス、日本ホメオパシーセンター千葉鎌ヶ谷 センター長
 
平成31年4月4日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
 ホメオパシー(同種療法)は、今から230年ほど前にドイツ人医師サミュエル・ハーネマンが確立した自然療法で、わずか230年の間に急速に世界各国に広がり、10億人以上が利用する主要な統合医療でもある。
日本には、24年前から日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)の現名誉会長である由井寅子が、ホメオパシー療法の本格的な導入と普及を行ってきており、また、難病大国日本の人々に対処でききるように、体・心・魂を一体に癒す「ZENホメオパシー」を確立し、このメソッドやアプローチは世界から注目を集めている。
 当日は、世界の現状からや症例などを紹介しながら、入門編として、「ホメオパシーとは」を、全く知らない方にもわかりやすいように映像なども活用して解説します。

<講師のプロフィール>
かつては、オリンパス光学工業梶@基礎研究部マイクロシステム研究室に所属
財団法人マイクロマシンセンターの研究プロジェクトに参加。
しかし、妻がガンで他界したことを期に人生を見直し、16年間やってきた自然療法のホメオパシーで起業。
今まで大切にしていることは「たった1度しかない、今の人生を本来の自分らしく、心豊かに生きる。」

申込 サトルエネルギー学会事務局相模原分室
    office@subtle-eng.com または、FAX(042-748-8240)
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | サトル・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

3/7(木)【サトルサロン】本来の力を取り戻す「スピリチュアルごはん」

タド・ジュンコ顔写真.jpg講師:タド・ジュンコ(たど じゅんこ)
ワンネスフード協会代表
 
平成31年3月7日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
 2019年の日本の春は、大変化のとき。さぁ、いよいよ軽やかに流れに乗りたいですね。スピリチュアルとは、自分の本来の姿に戻ってゆくことと捉えます。それは、古い思い込みや常識に合わせた自分ではなく、のびのびわくわくと楽しい、大宇宙の一部としての自分に還ることです。
 そのための方法のひとつとして、わたしは食事のささやかなシフトチェンジを提案しています。目の前の一皿に乗るものを少し変えるだけで、本来の腸能力=超能力が呼び覚まされるからです。
 時代の変化のタイミングにこそ、自然の力に満ちた食べ物をいただくと、直感に優れ、変化にも柔軟な心身が作られます。
 食事はテレビでも雑誌でも常時取り上げられているのに、真実はあまり伝わっていません。ご一緒に、2019年の本質的なスピリチュアルごはんを感じてみませんか。

<講師のプロフィール>
タド・ジュンコ
スピリチュアル料理研究家
ワンネスフードR協会/タド・ジュンコ健康料理スクール代表、オーガニックビーガンレストラン「malolocafe by onenessfood」運営。 http://tado-junko.com/
サトルエネルギー学会理事
著書『不思議と幸せを呼びこむスピリチュアルごはん』リンダパブリッシャーズ刊。ビオ・マガジン『anemone』2018年1月号〜「幸運が舞い込む女神レシピ」を連載中。

申込 サトルエネルギー学会事務局相模原分室
    office@subtle-eng.com または、FAX(042-748-8240)
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | サトル・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする