【サトルエネルギー学会の活動について】
サトルエネルギー学会は、「物質や生体のもつ微細エネルギーを、産・学・官の協力のもとに究明し、新しい科学と産業を育成することにより、地球環境の保全と、人類の未来に貢献すること」を目的に1995年に設立されました。活性水やヒーリングの現象解明、微弱エネルギーを利用した新科学の工業及び農業への応用、医療への応用など、幅広い分野で活動しています。

サトルエネルギー学会は如何なる政治団体、宗教団体にも属さない非営利団体です。
詳細はサトルエネルギー学会ホームページをご覧下さい。

2018年06月21日

6/21(木) 【新生意識科学研究会】生命(いのち)の本質と意識科学

E7B1B3E794B0E9A194E58699E79C9F-eccd5-thumbnail2[1].jpg講師:米田 晃(よねだ あきら)
人間科学研究所所長 (社)日本人間学会研究員
サトルエネルギー学会顧問
著書:『高次元ミロクのメタ文明』(たま出版)、
共著:『意識科学』(ナチュラルスピリット)

平成30年6月21日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
これまでの物質科学を超え、物質と精神を統合する“意識科学"を世に問う!
宇宙も地球も生命体です。宇宙は高次元のエネルギー(生命エネルギー)が充満している場であり、かつ、意識の場です。意識の働き(意志)によって、宇宙、地球上に物質や現象が生じるのです。
人間の意識も脳の中にあるのではなく大部分が脳の外、宇宙空間にあるのです。
現代の科学は現れた物質や現象を研究してきた物質科学なので、宇宙生命が視野に入っていないので、この「物質科学」が進歩して近代文明を高度に発展させたことにより、地球環境を破壊して、地球生命滅亡の危機にあるのです。これを解決し高次元の地球文明を創造するには「物質科学」に取って代わる「意識科学」でなければなりません。

<講師のプロフィール>
1937年 岡山県生まれ。幼少の頃から物理現象に興味を持ち探求、機械工学、電子工学を学ぶ。
1961年 鞄立製作所に入社、25年間コンピュータ開発に従事。種々の体験から創造性開発の研究を始める。
1987年 人間科学研究所を設立。生命と人間の本質研究、気の研究、超常現象や見えない世界(意識、魂、波動等)の研究、人間科学研究会、「覚醒ネットワークの集い」開催、講演、他種々の活動を展開する。21世紀を境に人間が進化する「高次元メタ文明」へのアセンションを予見、意識の進化「意識科学」を提唱し、意識と病発症の関わり、生命の本質を研究。「覚醒医療ネットワーク」設立に尽力。

申込 アロマテラス (新生 / 意識科学研究会 事務局)
   TEL 047-427-3381 / FAX 047-427-3188
    info@live-therapy.com  にて受付
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 11:53| Comment(0) | 意識科学研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

4/26(木) 【新生意識科学研究会第5回】世界的大発見 !? 「ストレス・セルフケアの道」

川口Mr写真2.jpg講師:川口 哲史(かわぐち さとし)

平成30年4月26日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
 意識の扉が開くと、市販の人体図(骨格・内臓・神経・ツボ等)を自分の人体と意識するだけで、瞬時に自分の人体図に変換できてしまうことがわかります。そして、その人体図を指でタッチ、自分でストレス有無を感じ、良否の判断ができてしまいます。だれもが、知識・経験ゼロで・・・ゼロバランスに戻すことができるソフトウエア(セルフチェック&クリーニング法)を公開します。
 ストレス社会を反映して、各種健康情報誌等には、各種人体・背骨の矯正法やストレスと直結する「副腎」の強化法や、東洋医学のツボ等による解消法が毎月洪水のように紹介されています。しかし、せっかくの各業界のプロの方々の貴重な情報も、一般読者の方々とっては、実際の使い方がわからず単なる読み物になってしまっていませんか?
 そこで、私どもが10年の歳月をかけて確立した「ゼロバランスセラピー法」を用いると、だれもが、いつでも、どこでも、経験・知識ゼロで、超簡単に実践・実効できるソフトウエアをご紹介します。その秘密は、私たちの大脳(左脳と右脳)の中心点に松果体(宇宙とのアンテナ)がありますのでそれをクリーニングすると、意識の扉が開き「感じる力」が蘇ります。
 今回は、意識の扉を開く鍵をご紹介しながら、ストレスやスマホでの目の疲れなどが瞬時にゼロに戻ってしまう方法を体感・体得をしていただきたいと存じます。
<講師のプロフィール>
サトルエネルギー学会理事・学術委員長 
ゼロバランスセラピー分科会主査
感性工学研究所 日本ハーブ研究所長
*1943年生・慶応大学法学部法律学科卒
*日本の食の遺産・かやくの知恵「くま笹珪素」企画製造
ONENESSの原点回帰∞縄文文化研究

申込 アロマテラス (新生 / 意識科学研究会 事務局)
   TEL 047-427-3381 / 070-6479-1980 / FAX 047-427-3188
    info@live-therapy.com  にて受付
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | 意識科学研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

2/15(木) 【新生意識科学研究会第4回】日本は発想転換をしてきた国だった

小林先生顔写真.jpg講師:小林 常雄(こばやし つねお)
   美浜ホームクリニック
   国際がん予知予防センター長

平成30年2月15日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
石器時代まで遡って日本の歴史を鑑みると、日本はそれぞれの時代を巧みに発想の転換をしながら、独自の文化と歴史を育んできました。40年近くの長きに渡り日本人の死因の第一位を占めている癌の治療についても、本来日本人が得意とする発想の転換を生かして対応するべき時が来ているのです。
<講師のプロフィール>
1944年鳥取県生まれ。昭和44年鳥取大学医学部卒業後、国立がんセンター、昭和47〜49年京都大学大学院、昭和54年東京大学大学院卒業。両大学院で生化学を中心としたがんの基礎的研究を行い、東京大学大学院で博士号を取得。ホリスティック医療及びがんの告知を日本で初めて推進した医師。
NHK教育テレビで「人間はなぜ治るのか」に、かって治療を行っていた病院が取材され、がんを克服した患者たちのルポ番組は大きな反響を呼び、国内外から評価される。また、小林博士の発明したTMCA理論は特許となり、海外書籍・論文で高い評価を受け紹介されている。
昨年9月にはアメリカ統合医療学会にて長年の功績や実績が認められ「アチーブメント賞」を受賞、医師に教育講演を行った。
米ガンセンター、米各大学との共同研究を進め、更なるがん治療向上を目指す。

申込 アロマテラス (新生 / 意識科学研究会 事務局)
   TEL 047-427-3381 / 070-6479-1980 / FAX 047-427-3188
    info@live-therapy.com  にて受付
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | 意識科学研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

12/21(木) 【新生意識科学研究会第3回】カタカムナから見たココロ・意識とは

tomioka.jpg講師:冨岡 幸一(とみおか こういち)

平成29年12月21日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
カタカムナは、今から13000年ほど前、縄文時代かそれ以前の上古代と呼ばれる時代にあったとされる文明です。そこで使われた文字は、図形文字でカタカムナ文字と言われます。それが現在の日本語のもとになりました。
更に驚くべきことは、単に日本の古代文明というだけではなく、現代人が思いもよらぬ程に高度な文明であり、カタカムナが示す物理性(潜象物理)は現代科学を凌駕し、そのサトリは現在の宗教・哲学の根幹を成す普遍性を持っていることです。
この研究会で、色々な角度から意識を科学してゆく中で、カタカムナの英知から見たココロ・意識とは何かに付いてご紹介をできればと存じます。
<講師のプロフィール>
サトルエネルギー学会 理事
同『ゼロバランスセラピー』分科会事務局
カタカムナ勉強会 『カムの風』参加

申込 アロマテラス (新生 / 意識科学研究会 事務局)
   TEL 047-427-3381 / 070-6479-1980 / FAX 047-427-3188
    info@live-therapy.com  にて受付
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | 意識科学研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

10/26(木) 【新生意識科学研究会第2回】人生のターニングポイントで出会う意識の働き

朝日舞.png講師:朝日 舞(あさひ まい)
ハート 日本ライブセラピー協会 代表
ハート ライブセラピストR
ハート サトルエネルギー学会 理事

平成29年10月26日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
意識とはどこにあるのか。考え方は様々ありますが、気と意識との関連性について、日常にある生活の場面から実験を通して体感学習を致します。意識の場とは何か。気がわかれば様々な事実に気がつきます。気の極意を知り、意識の本質を感じてみましょう。
<講師のプロフィール>
幼児教育専攻。福岡市民芸術祭での出展を機にグラフィックデザイナーとして活躍の後、結婚・出産後に大病を患い瀕死の状態となり、中国気功と出会いから一命を得る。生命の本質に触れ気功家となり、自己の体験の中から、より良いセルフケアの運動療法として「気」を取り入れた日本流の健康法「楽医舞療法 (ライブセラピーR)」が誕生し、30年を経る。
1990年伊勢神宮への招待を受け、天の意思と繋がる。天意によりG.F.C.を設立し、未来を託す子供たちのために、未来創りのための活動を開始する。その根本には、「人間愛」と「祈り」がある。
気の力は科学的検証により、17万ボルトを超えるプラズマ (静電界エネルギー) の発生が認められ、瞬時に背骨と骨盤の歪みを調整。2016年より「カルマ焼」を提唱し、ネガティブエネルギーの昇華を促す活動を行っている。
<講師の活動履歴>
国内外では神社での奉納 (伊勢神宮、伊弉諾神宮、熊野本宮大社、猿田彦神社、橿原神宮、宇佐神宮など) や、舞台活動、海外ではイタリア・フィレンツェ、フランス・カーンやアメリカ・NY、ロサンゼルス、スイス、キューバ、カンボジア、中国、台湾での講演や舞台活動を行っている。               
JAL CITY 田町での七夕イベント、第2回覚醒医療ネットワークシンポジウム講演、サトルエネルギー学会セミナー、超エネルギー分科会セミナー、国際生命情報科学 (ISLIS) 論文発表など、医師とのコラボによるセミナーやイベントの開催。

申込 アロマテラス (新生 / 意識科学研究会 仮事務局)
   TEL 047-427-3381 / 070-6479-1980 / FAX 047-427-3188
    info@live-therapy.com  にて受付
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 11:02| Comment(0) | 意識科学研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする