【サトルエネルギー学会の活動について】
サトルエネルギー学会は、「物質や生体のもつ微細エネルギーを、産・学・官の協力のもとに究明し、新しい科学と産業を育成することにより、地球環境の保全と、人類の未来に貢献すること」を目的に1995年に設立されました。活性水やヒーリングの現象解明、微弱エネルギーを利用した新科学の工業及び農業への応用、医療への応用など、幅広い分野で活動しています。

サトルエネルギー学会は如何なる政治団体、宗教団体にも属さない非営利団体です。
詳細はサトルエネルギー学会ホームページをご覧下さい。

2020年10月01日

10/1(木)【サトルサロン】人類に残された最後の宝物ホルミシス

伊藤伸也顔写真.jpg講師:伊藤 伸也(いとう しんや)
(株)新エネルギー研究所代表取締役社長
  
令和2年10月1日(木)18:30〜20:30
 
◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
放射線は地上にあまねく存在しています。日本人は古代から温泉に親しみ、とくにラジウム温泉やラドン温泉は病気の療養目的で「湯治」という形で利用されてきた歴史があります。私たちは太陽から大きなエネルギーと共に放射線の恩恵も受けているのです。
多ければ害になるものが、少量なら逆に有益な効果がある、という意味で「ホルミシス」という言葉があります。身体に放射線を受けたとき、その量次第では健康長寿、病気回復に有益に作用するのです。ところが東日本大震災での福島原子力発電所事故で、放射線に対する間違った見方が世界中に広まってしまいました。
「放射線ホルミシス」を正しく理解できたら、私たちはより健康で幸せな人生を手に入れることができるでしょう。
 今回は、放射線について正しく理解していただき、健康とはどんな状態を意味するのか、そしてホルミシスの驚きの効果をわかりやすくお話しいたします。

<講師のプロフィール>
秋田県出身。大学卒業後、健康医療関係のメーカーである潟Lャップロールに入社。
同社創業者で会長職にあった濱須光由と出会い、師事する。その後、健康飲料・健康食品メーカー勤務を経て、平成29年6月より株式会社新エネルギー研究所の代表取締役社長に就任。
豊富な経験と知識により、放射線ホルミシスをお客様の立場になってわかりやすく伝えることには定評がある。

申込 サトルエネルギー学会事務局相模原分室
    office@subtle-eng.com または、FAX(042-748-8240)
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 07:52| Comment(0) | サトル・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。