【サトルエネルギー学会の活動について】
サトルエネルギー学会は、「物質や生体のもつ微細エネルギーを、産・学・官の協力のもとに究明し、新しい科学と産業を育成することにより、地球環境の保全と、人類の未来に貢献すること」を目的に1995年に設立されました。活性水やヒーリングの現象解明、微弱エネルギーを利用した新科学の工業及び農業への応用、医療への応用など、幅広い分野で活動しています。

サトルエネルギー学会は如何なる政治団体、宗教団体にも属さない非営利団体です。
詳細はサトルエネルギー学会ホームページをご覧下さい。

2019年06月24日

6/24(月) 【新生意識科学研究会】波動療法 〜本当の自分に逢うために〜

檜高芳子.png講師:檜高芳子

令和1年6月24日(月)
18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
波動測定器は、ドイツ・アメリカ・ロシアなど世界各国で開発されてきましたが、1989年、水の結晶でおなじみ江本勝氏が、アメリカで共鳴磁場分析器MRAやマイクロクラスター水(波動水)に出会い、研究の結果、「心身の波動測定をおこないエネルギーの乱れを波動水で中和する」という画期的な方法を確立し、日本中に「波動」という概念を広めました。あれから30年、波動機器は更なる進化を遂げ、顕在意識・潜在意識・過去世情報・集合意識について驚くべき情報を提供してくれるようになりました。ご自身の意識エネルギーを知ることは、意識(特にマイナス感情)がどのように現象化し、臓器や人間関係、日常の出来事、ひいては世界情勢にまで影響を及ぼしているかに気づかせてくれるでしょう。これは同時に、一人ひとりがマイナス感情を手放し、本来の自分に目ざめていけば、ご自身や身近な環境はもちろん、世の中や地球・宇宙全体の波動エネルギーも高まることを意味しています。当日は、波動測定の公開デモンストレーションを行い、エネルギー調整のための情報を水に転写いたします。

<講師のプロフィール>
広島生まれ。教職に就いた後、2007年に渡英。ハーブ医学を専攻し、伝統医学・代替療法・現代医学を多岐にわたって学ぶ。帰国後は医薬系学術業務に従事し、免疫チェックポイント阻害薬オプジーボの安全性情報を扱うなど、古今東西の各種医療に関わる。活動の根幹には「気づき・受容・変容・統合」の一貫したテーマがある。現在は銀座と南青山にてサロン展開。通算30年にわたる教育経験と波動カウンセラー養成講座でスタッフを務めた経験を活かし、国内外からのカウンセリングを手掛ける。最近では、統合医療を超えたホロニックマインドへの意識変革に取り組む。NIMH認定英国メディカルハーバリストBSc(hons)。フレグランス南青山主宰。ワンズウェイ株式会社取締役。

18:00受付開始
18:10〜18:30 朝日舞座長講演と気のレクチャー
18:35〜19:35 檜高芳子氏講演「波動療法〜本当の自分に逢うために〜」
19:40〜20:10 質疑応答(茶菓子付き)
                                
2次会 有志と共に青蓮(中華料理)での懇親会(実費2000円前後)

会費 サトルエネルギー学会会員 2000円 一般 2500円
※会費は当日受付でのお支払いとなります。ご予約の上、ご参加下さい。

申込 アロマテラス (新生 / 意識科学研究会 事務局)
   TEL 047-427-3381 / FAX 047-427-3188
    info@live-therapy.com  にて受付
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | 意識科学研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。