【サトルエネルギー学会の活動について】
サトルエネルギー学会は、「物質や生体のもつ微細エネルギーを、産・学・官の協力のもとに究明し、新しい科学と産業を育成することにより、地球環境の保全と、人類の未来に貢献すること」を目的に1995年に設立されました。活性水やヒーリングの現象解明、微弱エネルギーを利用した新科学の工業及び農業への応用、医療への応用など、幅広い分野で活動しています。

サトルエネルギー学会は如何なる政治団体、宗教団体にも属さない非営利団体です。
詳細はサトルエネルギー学会ホームページをご覧下さい。

2018年02月01日

2/1(木) 【サトル・サロン】日本は変わる〜 がんはどうして消えたのか?  心と身体の紐解き方

有留顔写真.jpg講師:有留 千惠(ありとめ ちえ)
ひふみたま株式会社 代表取締役、
足つぼ&Body 自然療法 ニライカナイ 代表

平成30年2月1日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
 母は乳がんからの全身転移でした。食事療法と心の在り方によりガンが半分以上(肺がん・胸水は完全に検査で確認できず)退縮の経験有。
 私は去年の4月3日に良性か悪性か確認できないまま5〜6個の胸のシコリが短い時間で手で触れる限り確認できない不思議な体験をしました。その時の身体からのメッセージはなんとも言えない気づきがありました。
 なぜ母と私の身体に大きな変化が起きたのでしょうか?私の15年間はガンとは何なのか?ガンは何を伝えたくて物質化するのか?それを紐解く15年でした。
 こちらの学会からお誘いを受けていたにも拘らずお断り続けていたところ、去年の11月14日の朝、夢の中で「サトルエネルギー学会」という文字が観え、こちらで話すことを内なる声で促されました。
 日本は大きく変わる時期に来ていると思います。意識をどういう方向に向けるか?自然治癒力さえも心と身体のもつれから紐解くヒントこそ天国からの両親のメッセージと重なるように感じます。

<講師のプロフィール>
2001年、リラクゼーションサロン「ニライカナイ」を立ち上げる。
ヒプノセラピー、オルゴールセラピーを経て、2012年〜2017年、自然治癒力向上のサポートとしてお話会などを主催。
2017年、極度のストレスから胸にシコリが5〜6個、一気にできてしまい、翌朝オリジナルの心の1人セラピーを行った頃にはシコリが手で確認できなくなっていた。
1人でできる心のセラピー「ひふみたま心癒法」を開催。

申込 サトルエネルギー学会事務局相模原分室
   office@subtle-eng.com または、FAX(042-748-8240)
  ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | サトル・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。