【サトルエネルギー学会の活動について】
サトルエネルギー学会は、「物質や生体のもつ微細エネルギーを、産・学・官の協力のもとに究明し、新しい科学と産業を育成することにより、地球環境の保全と、人類の未来に貢献すること」を目的に1995年に設立されました。活性水やヒーリングの現象解明、微弱エネルギーを利用した新科学の工業及び農業への応用、医療への応用など、幅広い分野で活動しています。

サトルエネルギー学会は如何なる政治団体、宗教団体にも属さない非営利団体です。
詳細はサトルエネルギー学会ホームページをご覧下さい。

2020年03月05日

3/5(木)【サトルサロン】「医者いらず金いらず」医者は賢く使おう

野口哲英顔写真.jpg講師:野口 哲英(のぐち てつひで)
  
令和2年3月5日(木)18:30〜20:30
 
◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
 我が国が世界一の超高齢社会に突入して以来、更にその進展は止まらない。その為に医療費は65才以下の人達の約5倍を消費し、その上に75才以上の介護保険利用者も増え続け少子高齢化の下、GNPの先細りでこのまま続ければ医療介護亡国となりかねない状況に陥っている。このように限りなく増え続ける医療・介護費用は避けられないのか、ここに以下に掲げる問題に対し、その処方箋を示す。
1.患者や療養者が安易に医療・介護機関を頼り、医療介護施設のカモになっていないか。
2.西洋医学の限界と生活習慣病への処方箋は
3.長寿100才と言いながら、単なる長命では
4.医師のレベル、国際比較と教育制度の欠陥への対応
5.予防・未病・医療・リハビリ・終末に対する供給側の勉強不足
6.施設選びを間違うと命を失う、その選び方
7.こんなにある自分で治せる症状
8.増え続ける認知症 MCIとBPSDへの対応
9.健康長寿は本人の心掛け次第

<講師のプロフィール>
1941年生れ。メドックスグループ代表、(株)日本医療経営研究所 代表取締役、
NPOアイエイチエムエージャパン会長、(社)日本認知症改革推進協会 理事長、
(社)全国介護事業者連盟 理事長
資格:一級建築士、(社)日本医業経営コンサルティング協会 経営コンサルタント
著書:「医者いらず金いらず」(幻冬舎ルネッサンス)
「がん難民にならないためのサードオピニオン」(幻冬舎ルネッサンス)
「絶対絶命の社会保障制度」(大河出版)
「令和維新〜今こそ躍動する日本へ」(平成出版)

申込 サトルエネルギー学会事務局相模原分室
    office@subtle-eng.com または、FAX(042-748-8240)
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | サトル・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする