【サトルエネルギー学会の活動について】
サトルエネルギー学会は、「物質や生体のもつ微細エネルギーを、産・学・官の協力のもとに究明し、新しい科学と産業を育成することにより、地球環境の保全と、人類の未来に貢献すること」を目的に1995年に設立されました。活性水やヒーリングの現象解明、微弱エネルギーを利用した新科学の工業及び農業への応用、医療への応用など、幅広い分野で活動しています。

サトルエネルギー学会は如何なる政治団体、宗教団体にも属さない非営利団体です。
詳細はサトルエネルギー学会ホームページをご覧下さい。

2018年07月05日

7/5(木) 【サトル・サロン】スピリチャルにエビデンスを!例えばあらゆる心身の不調をもたらすストレスも一瞬で消せる! 創立 20 年の 気  導 術 が会場で実証します。

鈴木会長顔写真H30.7.jpg講師:鈴木 眞之(すずき まさゆき)日本気導術学会 会長

平成30年7月5日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
健康に直結する「気のエネルギー」を追求し続ける「気導術」は、来年で創立20周年を迎える。全国で6000人もの人が気導術を習得し、そこには100名以上のドクターも含まれるという。そして、二十年目に突入した今でも、全国で毎年述べ3000人以上の受講生たちが進化する気導術のパワーを学ぶべく各地の会場を訪れる。現れては消えていく治療関係のセミナーの中で20年の継続と進化は他に例を見ない。
そこには、絶対的な理由、エビデンスが存在する。気導術の気のエネルギーは独自のロジックによって「実際に」「即効で」心身を治す!例えば、近年腰痛の原因とされるストレス。気導術では、闇雲に生活環境の改善を訴えるのではなく、脳の構造からその原因を探り、気のエネルギーを注入することによって、その場でストレスとなる記憶を消去し改善に導く。
会場で、気導術学会会長の鈴木眞之氏が、実際にそのエビデンスをお見せします。
ぜひあなたご自身の目で目撃してください。

<講師のプロフィール>
1943年静岡県生まれ。
ラポール気導術院院長。治療家として人を本当の健康に導く方法を模索する中、既存の治療法に限界を感じ、本物の治療法を追及して気導術を体系化し進化させ続けている。患者本位の医療の普及を実現するため、啓豪活動の一環として日本気導術学会を創立。主な活動として、187回を数える気導術特別集中セミナー、167回を超える気導術研究実践コースを静岡の総本部はじめ全国主要都市で開催中。主な講演は、船井幸雄オープンワールド・ヒューマンカレッジ・TOP塾・ISLIS国際生命情報科学会・他多数
〔書籍〕気導術の挑戦・気導術の真実・気の秘密

申込 サトルエネルギー学会事務局相模原分室
    office@subtle-eng.com または、FAX(042-748-8240)
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | サトル・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする