【サトルエネルギー学会の活動について】
サトルエネルギー学会は、「物質や生体のもつ微細エネルギーを、産・学・官の協力のもとに究明し、新しい科学と産業を育成することにより、地球環境の保全と、人類の未来に貢献すること」を目的に1995年に設立されました。活性水やヒーリングの現象解明、微弱エネルギーを利用した新科学の工業及び農業への応用、医療への応用など、幅広い分野で活動しています。

サトルエネルギー学会は如何なる政治団体、宗教団体にも属さない非営利団体です。
詳細はサトルエネルギー学会ホームページをご覧下さい。

2018年06月21日

6/21(木) 【新生意識科学研究会】生命(いのち)の本質と意識科学

E7B1B3E794B0E9A194E58699E79C9F-eccd5-thumbnail2[1].jpg講師:米田 晃(よねだ あきら)
人間科学研究所所長 (社)日本人間学会研究員
サトルエネルギー学会顧問
著書:『高次元ミロクのメタ文明』(たま出版)、
共著:『意識科学』(ナチュラルスピリット)

平成30年6月21日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
これまでの物質科学を超え、物質と精神を統合する“意識科学"を世に問う!
宇宙も地球も生命体です。宇宙は高次元のエネルギー(生命エネルギー)が充満している場であり、かつ、意識の場です。意識の働き(意志)によって、宇宙、地球上に物質や現象が生じるのです。
人間の意識も脳の中にあるのではなく大部分が脳の外、宇宙空間にあるのです。
現代の科学は現れた物質や現象を研究してきた物質科学なので、宇宙生命が視野に入っていないので、この「物質科学」が進歩して近代文明を高度に発展させたことにより、地球環境を破壊して、地球生命滅亡の危機にあるのです。これを解決し高次元の地球文明を創造するには「物質科学」に取って代わる「意識科学」でなければなりません。

<講師のプロフィール>
1937年 岡山県生まれ。幼少の頃から物理現象に興味を持ち探求、機械工学、電子工学を学ぶ。
1961年 鞄立製作所に入社、25年間コンピュータ開発に従事。種々の体験から創造性開発の研究を始める。
1987年 人間科学研究所を設立。生命と人間の本質研究、気の研究、超常現象や見えない世界(意識、魂、波動等)の研究、人間科学研究会、「覚醒ネットワークの集い」開催、講演、他種々の活動を展開する。21世紀を境に人間が進化する「高次元メタ文明」へのアセンションを予見、意識の進化「意識科学」を提唱し、意識と病発症の関わり、生命の本質を研究。「覚醒医療ネットワーク」設立に尽力。

申込 アロマテラス (新生 / 意識科学研究会 事務局)
   TEL 047-427-3381 / FAX 047-427-3188
    info@live-therapy.com  にて受付
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 11:53| Comment(0) | 意識科学研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

6/20(水) 【食生活分科会】不思議と幸せを呼び込むスピリチュアルごはん 第1回目

講座案内  定員12名
軽いごはんよそる.jpg
<会の内容> ベジタリアンスタイルの自然食の知識を得、時代に合ったシンプルルールを学び味わい楽しむ会。
<目的> 日常食のささやかなシフトチェンジが、心身・霊性の向上に繋がることを体感する。食事で腸内環境を改善し、心身のトラブルを解決、意識進化を促す。
生活習慣病の予防と改善に寄与する。
食を扉として、自分の内側を観る世界へ、宇宙エネルギーと繋がる世界を往く。
野菜-1-2.jpg
<構成>
・解説
・短時間の料理デモンステレーション・ご参加者は食材に触れて体感
・試食

主査:タド・ジュンコ
タドプロフ写真-1-15.jpg

第1回目 :6月20日(水)11:00〜13:00
〈解説〉
・スピリチュアルごはんの基本 (概論)
・植物の叡智
・ 旬・身土不二・一物全体・陰陽・種と農法 
〈料理〉
・季節の野菜で作った滋養スープの試食

◇会場:港区立神明いきいきプラザ
    ※下記アクセス参照

第2回目
〈解説〉
・糖質のチェンジについて
日常の「米・小麦・雑穀」について、その表層のみではなく、奥を読み解く、感じる。
〈料理〉
・ 無農薬無施肥で18年自家採取、はさがけ、天日干しされた玄米を炊く・古代小麦のパンケーキを焼く、試食。
第3回目
〈解説〉
・ 調味料をホンモノにチェンジすることが、身体とエネルギーを進化させる近道。
〈料理〉
・ホンモノ調味料を用いて味噌汁と簡単なおかず一品を作る、試食。
第4回目
〈解説〉
・ 愛ことば栄養学「The・ま・ご・わ・や・さ・し・い・こ 」 
〈料理〉
・第一回目〜三回目の復習と実践を兼ねて、雑穀と野菜、発酵食を用いた一品を作り、試食。 

<主査のプロフィール>
スピリチュアル料理研究家、フードセラピスト、料理エッセイスト
ワンネスフードR協会/タド・ジュンコ健康料理スクール代表 http://tado-junko.com/
サトルエネルギー学会理事
著書『不思議と幸せを呼びこむスピリチュアルごはん』リンダパブリッシャーズ刊
ビオ・マガジン『anemone』2018年1月号〜光の料理エッセイを連載中

申込 食生活分科会 事務局(ワンネスフードR協会)
  info@tado-junko.comまたは、FAX(03-6319-7838)
(氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般5,500円  サトルエネルギー学会員 4,500円
    当日現金にて申し受けます。

shinmeiikiiki.png
港区立神明いきいきプラザ
東京都港区浜松町1-6-7
TEL 03-3436-2500(場所の確認のみ)
JR浜松町駅北口から徒歩およそ4分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅A2出口からおよそ徒歩3分
posted by subtle at 14:18| Comment(0) | 食生活分科会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

6/7(木) 【サトル・サロン】私の心を掴んで離さない カタカムナの魅力 それは カタカムナへの道しるべ

清水眞子顔写真.jpg講師:清水 眞子(しみず まこ)

平成30年6月7日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
カタカムナは、上古代の日本、縄文時代以前にあった文明です。彼らの言葉が私たちの日本語となりました。カタカムナ文献は、図形文字で書かれた80首のウタヒ、「この世がどのように成り立っているのか」という人類究極の問い「物の理」が科学と哲学で著されています。驚くべきことに、彼らの科学は現代科学をはるかに凌駕しています。また、彼らは物理に基づいて図形文字を創り、現在の日本語と同じく48音とし、ひとつひとつの音の響きが図形文字のもつ物理性を起動させるようにして言語を創りました。
日本語に秘められた彼らのオモヒを感じとるたびに、彼らの叡智に感動し、感謝の心がわいてきます。
今回は皆さんにカタカムナの魅力をお話したいと思います。また、サトルサロンでのカタカムナ講演ですから、サトルエネルギーとカムのエネルギー(カタカムナが解く見えない世界カムのエネルギー)との共通点と相違点についてもお話させていただきます。
<講師のプロフィール>
ウェルネス愛真代表 鍼灸師 カタカムナ研究家
著書 「カタカムナへの道しるべ」(ヒカルランド)

申込 サトルエネルギー学会事務局相模原分室
    office@subtle-eng.com または、FAX(042-748-8240)
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 12:05| Comment(0) | サトル・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする