【サトルエネルギー学会の活動について】
サトルエネルギー学会は、「物質や生体のもつ微細エネルギーを、産・学・官の協力のもとに究明し、新しい科学と産業を育成することにより、地球環境の保全と、人類の未来に貢献すること」を目的に1995年に設立されました。活性水やヒーリングの現象解明、微弱エネルギーを利用した新科学の工業及び農業への応用、医療への応用など、幅広い分野で活動しています。

サトルエネルギー学会は如何なる政治団体、宗教団体にも属さない非営利団体です。
詳細はサトルエネルギー学会ホームページをご覧下さい。

2017年10月26日

10/26(木) 【新生意識科学研究会第2回】人生のターニングポイントで出会う意識の働き

朝日舞.png講師:朝日 舞(あさひ まい)
ハート 日本ライブセラピー協会 代表
ハート ライブセラピストR
ハート サトルエネルギー学会 理事

平成29年10月26日(木)18:30〜20:30

◇会場:港区商工会館
    ※下記アクセス参照

【内容】
意識とはどこにあるのか。考え方は様々ありますが、気と意識との関連性について、日常にある生活の場面から実験を通して体感学習を致します。意識の場とは何か。気がわかれば様々な事実に気がつきます。気の極意を知り、意識の本質を感じてみましょう。
<講師のプロフィール>
幼児教育専攻。福岡市民芸術祭での出展を機にグラフィックデザイナーとして活躍の後、結婚・出産後に大病を患い瀕死の状態となり、中国気功と出会いから一命を得る。生命の本質に触れ気功家となり、自己の体験の中から、より良いセルフケアの運動療法として「気」を取り入れた日本流の健康法「楽医舞療法 (ライブセラピーR)」が誕生し、30年を経る。
1990年伊勢神宮への招待を受け、天の意思と繋がる。天意によりG.F.C.を設立し、未来を託す子供たちのために、未来創りのための活動を開始する。その根本には、「人間愛」と「祈り」がある。
気の力は科学的検証により、17万ボルトを超えるプラズマ (静電界エネルギー) の発生が認められ、瞬時に背骨と骨盤の歪みを調整。2016年より「カルマ焼」を提唱し、ネガティブエネルギーの昇華を促す活動を行っている。
<講師の活動履歴>
国内外では神社での奉納 (伊勢神宮、伊弉諾神宮、熊野本宮大社、猿田彦神社、橿原神宮、宇佐神宮など) や、舞台活動、海外ではイタリア・フィレンツェ、フランス・カーンやアメリカ・NY、ロサンゼルス、スイス、キューバ、カンボジア、中国、台湾での講演や舞台活動を行っている。               
JAL CITY 田町での七夕イベント、第2回覚醒医療ネットワークシンポジウム講演、サトルエネルギー学会セミナー、超エネルギー分科会セミナー、国際生命情報科学 (ISLIS) 論文発表など、医師とのコラボによるセミナーやイベントの開催。

申込 アロマテラス (新生 / 意識科学研究会 仮事務局)
   TEL 047-427-3381 / 070-6479-1980 / FAX 047-427-3188
    info@live-therapy.com  にて受付
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般2,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。

商工会館地図.jpg
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-4-28
TEL 03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩6分、
JR浜松町駅北口から徒歩およそ7分 、
都営地下鉄浅草線・大江戸線大門駅B2出口からおよそ徒歩10分
posted by subtle at 11:02| Comment(0) | 意識科学研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする