【サトルエネルギー学会の活動について】
サトルエネルギー学会は、「物質や生体のもつ微細エネルギーを、産・学・官の協力のもとに究明し、新しい科学と産業を育成することにより、地球環境の保全と、人類の未来に貢献すること」を目的に1995年に設立されました。活性水やヒーリングの現象解明、微弱エネルギーを利用した新科学の工業及び農業への応用、医療への応用など、幅広い分野で活動しています。

サトルエネルギー学会は如何なる政治団体、宗教団体にも属さない非営利団体です。
詳細はサトルエネルギー学会ホームページをご覧下さい。

2017年05月07日

5/7(日) 【超エネルギー研究】第116回 超エネルギー研究会 のご案内

〜第116回超エネルギー研究分科会〜 

◆タイトル  超エネルギーが救う近未来 〜これからの地球と人類の大変化〜
◆日  時  平成29年5月7日(日)  
       <研究会/13:15〜17:00>
       <交流会/17:10〜(約2時間/会場付近)>
◆内  容  
 < 平澤 幸治 >  1.最新情報、天変地異対策の状況、銀河連邦、宇宙連合情報
           2.新日月神示
 <前田 豊さん> 物質と精神を統合する意識科学

◆場  所  
港勤労福祉会館.gif

港勤労福祉会館(1F 第一洋室)
 ・都営三田線三田駅A7出口を出て左の建物
 ・JR田町駅下車 徒歩3分

◆参 加 費
 研究会: 会員3000円、非会員4000円
 交流会: 人数による(3500円程度)
       浜松町駅付近にて

◆締 切 日  平成29年5月6日(土)(先着100人限定)
  ※既に出欠のお返事を下さってる方はご連絡は結構です。
  ※交流会のご参加は当日お伺い致します。
      次回は6/2(金)(港勤労福祉会館)、6/30(金)
        
◆申 込 先 (超エネルギー研究会窓口)潟<rウスアイへ
       TEL 03−5713−0836
       FAX 03−5713−0835
       メール k.hirasawa@mebiusai.jp
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 超エネルギー研究分科会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする