【サトルエネルギー学会の活動について】
サトルエネルギー学会は、「物質や生体のもつ微細エネルギーを、産・学・官の協力のもとに究明し、新しい科学と産業を育成することにより、地球環境の保全と、人類の未来に貢献すること」を目的に1995年に設立されました。活性水やヒーリングの現象解明、微弱エネルギーを利用した新科学の工業及び農業への応用、医療への応用など、幅広い分野で活動しています。

サトルエネルギー学会は如何なる政治団体、宗教団体にも属さない非営利団体です。
詳細はサトルエネルギー学会ホームページをご覧下さい。

2015年03月28日

3/28(水) 【超エネルギー研究】第86回 超エネルギー研究会 のご案内

〜第86回超エネルギー研究分科会〜 

◆日  時  平成27年3月28日(土)
       <研究会/13:15〜17:00>
       <交流会/17:10〜(約2時間/会場付近)>

◆内  容  
 < 平澤 幸治 >1.最新情報、天変地異対策の状況、銀河連邦、宇宙連合情報
            2.大転換時代の生き方・考え方・対処法

 <百合安&Momo> (仮)神様や宇宙人の情報を主として
               (仮)宇宙のえい智を学ぶ
◆場  所  
港勤労福祉会館.gif

港勤労福祉会館(1F 第一洋室)
 ・都営三田線三田駅A7出口を出て左の建物
 ・JR田町駅下車 徒歩3分

◆参 加 費
 研究会: 会員3000円、非会員4000円
 交流会: 人数による(3500円程度)
       田町駅付近にて

◆締 切 日  平成27年3月27日(金)まで
      (先着100人限定)

 ※既に出欠のお返事を下さってる方はご連絡は結構です。
 ※交流会のご参加は当日お伺い致します。

     
◆申 込 先 (超エネルギー研究会窓口)潟<rウスアイへ
       TEL 03−5713−0836
       FAX 03−5713−0835
       メール k.hirasawa@mebiusai.jp










posted by subtle at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 超エネルギー研究分科会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

3/13(金) 【サトル宇宙生命分科会】セミナー

   <宇宙意識と真我を結ぶ>24

 2015年は、人類がアウェイクニングしていくと共に、神実現を実践していく存在達が増えてくるものと予測されます。
つまり、地球での学びを終了し、次なるステージへの準備をしていくと共に残された時間を神実現の実践に集中する存在達が表面化しだしました。
一人一人の「内なる想い」が「外の世界」を創造している。「見える世界は私達の内なる想いの現れ」であると認識し、マインドによる世界から卒業し、素晴らしい実在の世界を創造していきたいものです。
また、この講座は、高次元の存在達のご支援により開催されています。

   「マインドから解放され、神実現を目指す」

井上恒弘顔写真.JPG講師:井上恒弘
   宇宙生命研究所 代表、サトルエネルギー学会 理事
<井上恒弘プロフィール>
 井上恒弘事務所代表。発明家。サトルエネルギ−学会理事。1996年頃より、本格的に「意識転換・氣づき」の提案を開始。2009年インスピレーションを受け、生命エネルギー増幅装置「ゴッドハンド」を開発。現在、宇宙語講座と共に人類のアウェイクニング(目覚め)の支援活動を展開中。

日時:H27年3月13日(金)
   13:15〜16:45
会費:サトル正会員2000円
   一般    3000円
   「予約制」

場所:
宇宙南青山地図1.jpg宇宙生命研究所 南青山分室
港区南青山4−1−3 
セントラル青山505   
銀座線外苑前下車徒歩5分
表参道方面へ 青山通りと外苑西通りの交差点を左へ 最初の信号渡り すぐ

参加お申込み:井上恒弘
      090-8039-2495
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙生命分科会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

3/7(土) 雨天中止となりました 「大地に愛と感謝を・・・3月7日」

logo_park_ceremony.jpg

土に触れ、大地のエネルギーを感じ、
樹木たちとも触れ合いましょう。 


***雨天中止となりました***


早春の今回は東京都下府中市を巡ります。
大國魂神社は大國魂大神[おおくにたまのおおかみ]を武蔵の国の守り神としてお祀りした神社です。
例大祭のくらやみ祭で有名、参道のケヤキ並木を味わい武蔵国の一之宮から六之宮までの神をすべて祭った神社におまいりします。そこから歩いて府中郷土の森博物館へ 折から梅まつりの最中の広い敷地には府中市内の小学校や商家、農家等の古い建築物を移築した展示も見られます。
緑の少ない時期ではありますが梅の香を楽しみ、常設展示でこの地域の自然や歴史を知ることもできます。
昼食は郷土の森博物館敷地内を予定しています。お昼をご持参ください。(休憩所も有り)

平成27年 3月7日(土) 11時集合〜15時解散予定
集合場所 京王線 府中駅 南口改札付近
参加費 500円 他郷土の森博物館入場料:200円
 雨天中止となりました  
当日問合わせ 080-5182-5507 (古川)
コーディネータ 冨岡幸一 龍福正行 古川久仁子
参加お申込はメール: kuu925tt@yahoo.co.jp
ランチ・お弁当ご持参下さい。

大國魂神社(武蔵一之宮)
大國魂神社.jpg       府中郷土の森博物館府中郷土の森博物館.jpg

















posted by subtle at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 公園に愛と感謝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

3/5(木)  【サトル・サロン】「カタカムナの智慧・現象と潜象の物理学」

いのうえはるこ写真2015FEB.jpg講師:いのうえ はるこ
潜象道塾事務局

◇日時:2015年3月5日(木)
    18:30〜20:30

◇会場:港区立商工会館
    ※下記アクセス参照

〜太古のヒビキ・古代人の直観を現代に生かす〜
1万年以上も前の日本に存在していたと言われるカタカムナ文明。それが遺した80首の「ウタヒ」には、この世の成り立ちから、物質発生のメカニズム、健康促進法、農業技法に至るまで、幅広い知恵が記されています。太古より語り継がれる英知が途絶えつつある今こそ、これらに意識を向ける必要性を感じています。この直観物理学の文献に記されている歌「カタカムナウタヒ」の紹介等を通して、カタカムナ人が到達した英知を学び、モノの本質を知り、直観力を養い、現代の生活の中で様々な問題を解決するヒントをお伝えします。

<講師のプロフィール>
津田塾大学 数学科 卒。 
カタカムナ勉強会「潜象道塾」事務局長
(URL:http://kamunokaze.blog.fc2.com/
長女のアトピー性皮膚炎をきっかけに身体や地球環境を探求する中でカタカムナに出会う。
「カタカムナへの道―潜象物理入門」の著者故関川二郎氏の共同研究者である芳賀俊一氏(潜象道塾主宰)と共に東京勉強会を立ち上げ、5年間以上カタカムナ研究を続けている。地球への感謝の思いを広げるチャリティイベント「地球愛祭りin東京」を代々木公園で毎年開催、環境NPOの事務局担当など、パワフルに活動中。

申込 サトルエネルギー学会事務局相模原分室
    office@subtle-eng.com または、FAX(042-748-8240)
    ([申込]氏名・住所(都道府県)・連絡先電話番号をお送り下さい、様式自由)

会費 一般3,000円  サトルエネルギー学会員 1,000円
    当日現金にて申し受けます。
港区商工会館.gif
アクセス 港区商工会館
東京都港区海岸1-7-8
都立産業貿易センター浜松町館6階
TEL03-3433-0862(場所確認のみ)
ゆりかもめ竹芝駅より徒歩3分
JR浜松町駅北口より竹芝桟橋方向へ徒歩7分
posted by subtle at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サトル・サロン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

3/4(水) 【超エネルギー研究】第85回 超エネルギー研究会 のご案内

〜第85回超エネルギー研究分科会〜 

◆タイトル   超エネルギーが救う近未来 〜これからの地球と人類の大変化〜

◆日  時  平成27年3月4日(水)
       <研究会/13:15〜17:00>
       <交流会/17:10〜(約2時間/会場付近)>

◆内  容  
 < 平澤 幸治 >1.最新情報、天変地異対策の状況、銀河連邦、宇宙連合情報
             2.結晶性鉱石類の特徴と応用例 他

 <リーナ・ダナエさん> ***宇宙の叡智を学ぶ(仮)***
             スピリット・オブ・ユニヴァース研究所 代表

◆場  所  
港勤労福祉会館.gif

港勤労福祉会館(1F 第一洋室)
 ・都営三田線三田駅A7出口を出て左の建物
 ・JR田町駅下車 徒歩3分

◆参 加 費
 研究会: 会員3000円、非会員4000円
 交流会: 人数による(3500円程度)
       田町駅付近にて

◆締 切 日  平成27年3月3日(火)まで
      (先着100人限定)

 ※既に出欠のお返事を下さってる方はご連絡は結構です。
 ※交流会のご参加は当日お伺い致します。
      次回は3/28(土) (港勤労福祉会館)

◆申 込 先 (超エネルギー研究会窓口)潟<rウスアイへ
       TEL 03−5713−0836
       FAX 03−5713−0835
       メール k.hirasawa@mebiusai.jp






posted by subtle at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 超エネルギー研究分科会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする